柳楽優弥の映画出演作品を徹底まとめ!

テレビドラマ「ゆとりですがなにか」では、ゆとり世代の主人公3人のうちのひとり「道上まりぶ」役を演じている柳楽優弥さん。

作中では頭がイイのに親のせいで大学受験に失敗して11浪中の、ヒゲの生えたワイルドな風俗店の客引きというなんとも難しい役どころを演じており、視聴者からはリアルな演技が高く評価されています。

今回はそんな、確かな演技力の持ち主である柳楽優弥さんが、これまで出演してきた映画をご紹介いたします!

柳楽優弥の映画出演作①:誰も知らない

柳楽優弥の映画出演作①:誰も知らない出典:柳楽優弥の体重変移を年度別に写真で振り返る【痩せるとイケメン!】 – NAVER まとめ

◯あらすじ

父親が別々の兄妹4人を母子家庭で育てていた母親・けい子がアパートで暮らしていた。

アパートの大家には母子家庭であることを伏せ、子供も長男の明だけど偽っていた。

そのため、子供たちは出生届も出されておらず、学校へも通ったことがなかった。

そんなある日、母親が新しい恋人を作り子供たちを残してアパートを出て行ってしまう。

残された子供たちは、自分たちだけで生きて行こうとするのだが…。

柳楽優弥さんが12歳の長男「福島明」を演じ、第57回カンヌ国際映画祭優秀男優賞を受賞した作品です。

柳楽優弥の映画出演作②:星になった少年

柳楽優弥の映画出演作②:星になった少年出典:Amazon | 星になった少年 スペシャル・エディション [DVD] -映画

◯あらすじ

哲夢の両親が経営する動物プロダクションでアジアゾウの「ランディ」、「ミッキー」、「ミニスター」を購入する。

これをキッカケに哲夢は像に強い関心をいだき、象使いになる夢を叶えるためにタイへと渡る。

数多くの苦難や困難を乗り越え、念願だった象使いになった哲夢だったが…。

「誰も知らない」に続いて2作目となる柳楽優弥さん主演の映画。

柳楽優弥さんは日本人で初めて象使いになった実在の青年「坂本哲夢」を演じています。

柳楽優弥の映画出演作③:シュガー&スパイス 風味絶佳

柳楽優弥の映画出演作③:シュガー&スパイス 風味絶佳出典:シュガー&スパイス 風味絶佳 : 柳楽優弥の体重変移を年度別に写真で振り返る【痩せるとイケメン!】 – NAVER まとめ

◯あらすじ

高校を卒業しても大学に行く気になれず、なんとなくガソリンスタンドで働いていた山下志郎。

ある日、志郎の働くガソリンスタンドに新人のバイト・渡辺乃里子が入ってくる。

彼女を見た志郎は今まで感じたことのない恋心が芽生えていたことに気づく。

柳楽優弥さんはガソリンスタンドで働く山下志郎を演じています。

柳楽優弥の映画出演作④:包帯クラブ

柳楽優弥の映画出演作④:包帯クラブ出典:ワールド・イズ・マイン : 包帯クラブ

◯あらすじ

両親の離婚がキッカケで心に傷を負ってしまった女子高生のワラ。

そんな毎日に嫌気が差して病院の屋上から飛び降りようとフェンスを乗り越えた時、突然関西弁を話す入院患者の少年ディノが現れ、ワラの手首に巻かれた包帯をフェンスに結びつける。

柳楽優弥さんは病院に入院している少年・井出埜辰耶(ディノ)を演じています。

柳楽優弥の映画出演作⑤:戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH

柳楽優弥の映画出演作⑤:戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH
出典:戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTHニュースまとめ | cinemacafe.net

◯あらすじ

10年前に遊園地のお化け屋敷で行方不明になったユキがケンと友人たちの元に現れる。

戸惑いながらも昔のように接しようとした矢先、突然発作を起こしてユキが階段から落ちて気を失ってしまう。

ユキを心配したケン達が病院へ向かうが、そこが当時ユキが行方不明になった遊園地のお化け屋敷だったことに気づく。

柳楽優弥さんは主人公の川島賢を演じています。

柳楽優弥の映画出演作⑥:全ては海になる

柳楽優弥の映画出演作⑥:全ては海になる出典:BARFOUT!.|『すべては海になる』監督:山田あかね 出演:佐藤江梨子、柳楽優弥、他 配給:〈東京テアトル〉 1月23日より〈新宿バルト9〉、〈梅田ブルク7〉ほか全国ロードショー

◯あらすじ

書店員の夏樹はある日、万引き犯と思われる中年女性を捕まえるが、その女性は万引きをしていなかった。

女性の自宅に謝罪に訪れた夏樹は、そこで男子高校生の光治と出会う。

荒んだ家庭環境に悩む光治は読書を心の支えにしていた。

光治と夏樹は心を通わせ次第に親しくなっていくのだが…。

父親の暴力と妹の不登校に悩む大高光治役を柳楽優弥さんが演じています。

柳楽優弥の映画出演作⑦:ゆるせない、逢いたい

柳楽優弥の映画出演作⑦:ゆるせない、逢いたい出典:なめブログ 映画『ゆるせない、逢いたい』

◯あらすじ

母親と一軒家に引っ越した女子高生のはつ実は、古紙回収業を営む青年・隆太郎と出会い恋に落ちる。

しかし、些細な誤解から連絡が取れなくなった隆太郎は、はつ実に嫌われたと思い込み、精神的に追いつめられていく。

ある日、はつ実と久々に再会した隆太郎は自身の感情を抑えることができずはつ実を襲ってしまう。

古紙回収業者の青年・野口隆太郎を柳楽優弥さんが演じています。

柳楽優弥の映画出演作⑧:最後の命

柳楽優弥の映画出演作⑧:最後の命出典:日本映画初!柳楽優弥主演「最後の命」米チェルシー映画祭に出品決定 – Ameba News [アメーバニュース]

◯あらすじ

幼少期に集団婦女暴行事件に巻き込まれた桂人と冴木。

ふたりはその時の記憶がトラウマとなったまま成長した桂人は、人と肌を重ねることに嫌悪感を抱いていた。

ある日、桂人の元に冴木から電話が入り、数年ぶりに再開することになる。

しかしその夜、桂人の部屋で顔見知りの女性が殺害された遺体が発見される。

取り調べを受ける桂人は、刑事から冴木が全国指名手配を受けていることを知らされる。

柳楽優弥さんは過去のトラウマに苦しむ青年・明瀬桂人を演じています。

10代にしてカンヌ国際映画祭優秀男優賞を受賞しながらも、急性薬物中毒で病院に運ばれるなど騒ぎを起こして一時期テレビから姿を消していた柳楽優弥さん。

そんな柳楽優弥さんが役者としてテレビドラマや映画に復活する日を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか。

この先柳楽優弥さんがどのような演技で視聴者を楽しませてくれるのか、楽しみでなりません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事