【卓球】天才、丹羽孝希の彼女を徹底調査!!

今、日本が注目する卓球界の天才と言われているのが、丹羽孝希選手ですよね!

男子卓球界はなかなかマイナーなスポーツで、卓球だと女子の方が注目されがちなのですが、丹羽孝希選手は天才な上に卓球界には珍しいイケメン!と話題になっているんです!

そうなると女性ファンが気になるのは、丹羽孝希選手の彼女の存在…

今回は、丹羽孝希選手が天才と言われるワケ、そして、彼女の存在を徹底調査しました!

丹羽孝希が天才と言われるワケとは…!?

丹羽孝希①

出典:エタンのブログ

卓球界には沢山の実力選手がいる中で、丹羽孝希選手が「天才」と言われるワケとはなんなのでしょうか?

丹羽孝希選手が卓球を始めたのは7歳の頃でした。

丹羽孝希選手の父親が元卓球選手だった影響で始めたそうです。

やはり、世界で活躍する「天才」と言われるスポーツ選手というのは、親の影響や環境の影響が大きいようですね。

しかし、かつて天才卓球少女と言われた女子卓球の福原愛選手は3歳から卓球を始めたと言われているので、意外と丹羽孝希選手は卓球を始めた時期は遅かったようですね。

しかし、丹羽孝希選手をここまで有名にしたのは、彼自身のスポーツマンに必要不可欠な精神力と身体能力、そして努力だったのです。

丹羽孝希選手は、とても負けず嫌いな性格で、幼いころから友人との喧嘩が多かったり、運動会のリレーでは負けるのが嫌でトラックを横切ってダントツ1位でゴールした!なんだエピソードもあるほどなんだとか…

丹羽孝希選手、かなりの負けず嫌いっぷりですが、やはりそこも「天才」と言われる要素のひとつのようです。

また、丹羽孝希選手はズバ抜けた反射神経の持ち主として世界から注目されています。
うちかえ希選手のプレースタイルは、卓球台にぴったりと張り付き、相手がボールを打ち返す瞬間にボールの動線を見抜き、すでにラケットを振り返しているほどの速さなため、相手選手はあまりの速さについていけないほどなのだとか。

まさに人間離れした反射神経を持つ丹羽孝希選手ですが、その反射神経は卓球をプレーする上で最も重要な要素と言っていいでしょう。

また、天才と言われる丹羽孝希選手ですが、「努力する天才」なため、他の選手が追いつけない!とも言われています。

丹羽孝希選手はもともとバックハンドが苦手な選手でした。

しかし、負けず嫌いな天才・丹羽孝希選手はバックハンドを苦手なまま終わらせることはありませんでした。

丹羽孝希選手はバックハンドの克服に時間を費やし、バックハンドをまぁまぁのレベルにするのではなく、むしろ得意なスタイルにしてしまうほど、練習を積み重ねてきました。

努力によって、「苦手なものを得意にする」ところも、丹羽孝希選手が天才と言われるワケだったのです!

丹羽孝希選手は男子卓球界でイケメンと言われていますが、見た目だけではなく、丹羽孝希選手の卓球への取組み方も含めて、人を惹きつける力を持っているようです。

1

2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事