成宮寛貴が超~お茶目♡イケメンだけじゃない!

イケメン俳優として活躍を続ける成宮寛貴さん。

主役としてはもちろんのこと、脇役としても名演技を見せるということで、各種ドラマや映画への出演依頼が止まらないようです。

最近では、名作「相棒」でも水谷豊さんと共に素晴らしい作品を作り上げているということで話題をさらいました。
そんな成宮寛貴さんですが、見た目のイケメンさとは裏腹に、お茶目な一面があるとの噂があります。

どういうことなのでしょうか? その噂を徹底的に調べてみました♪

成宮寛貴は中身もイケメン?!なエピソード!

成宮寛貴は中身もイケメン?!なエピソード!出典:YouTube

成宮寛貴さんは、見た目のイケメンさはもちろんのこと、中身もイケメン過ぎるということで有名です。

というのも、元々母子家庭であったのですが、14歳で母親を亡くしてしまい当時小学生であった弟を一人で育て上げたというのです。
自らは高校進学を諦めてアルバイトなどをし、弟は理科大学へと進学させて一流企業への就職、結婚までさせました。

自身は、アルバイトの傍らで、学歴の低さを嘆き、どうしたら高学歴の人を超える生活をすることができるのかと考えた結果、オーディションを受けて芸能界入りしました。

今の華やかさからは想像もできないほど、大変な生活を送っていたのでしょうし、やりたいこともたくさんあったであろう年齢でこうした判断をすることができる人間性がもはや超絶イケメンですよね。

成宮寛貴のお茶目っぷり♪お茶の間を沸かせた話題とは…

成宮寛貴のお茶目っぷり♪お茶の間を沸かせた話題とは…出典:NAVER まとめ

そんな成宮寛貴さんが、「実はお茶目な一面があるのでは?」と話題になったきっかけのひとつが、テレビ番組「火曜サプライズ」でした。

番組内で、子どもの頃に過ごした地元を散策しており、その中でよく遊んだという公園にたどり着きます。
よく滑って遊んでいたという滑り台、何年振りかにその滑り台で滑ったものの、思っていた以上に加速がついてしまい、撮影していたカメラマンにそのまま衝突してしまいました。

そんなハプニングを受けて視聴者から、普段のドラマなどで見かける彼からは想像ができないほどお茶目だということでネットを中心に話題になったのです。

成宮寛貴は実は元々お茶目キャラ?

成宮寛貴は実は元々お茶目キャラ?出典:ライブドアニュース

実は過去にも成宮寛貴さんのお茶目な一面を感じられるシーンがありました。

それが、2010年に公開された映画「ばかもの」の舞台挨拶のことでした。

10年間という長い期間を映画内で演じるという、非常に難しい役を行うということで、成宮寛貴さん自身も不安に思っていました。

そこで監督が、「10年間を順番通りに撮るから安心して」という約束を交わし、それで安心をしていたそうなのですが、実際は順番通りではなく約束とは違っていたのだそう。

それを受けて舞台挨拶の場で監督に対して、「うそつき!」とお茶目に言い放ち、会場を笑わせました。

このように、実は成宮寛貴さんはお茶目で親しみやすいキャラクターなのではないか思われる一面が増えてきています。
特に今回の火曜サプライズでのお茶目ハプニングをきっかけに、イケメンキャラとしてではなく、お茶目キャラとして役柄の幅が広がっていくかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事