【歌舞伎】中村梅雀の妻に待望の子供が誕生!

中村梅雀①

 

歌舞伎役者であり、いぶし銀の俳優として『赤かぶ検事シリーズ』などにも出演されている、俳優:中村梅雀さん。その中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんの間に待望の子供が生まれたらしく、ブログなどで公表されていらっしゃいますよね。

 

そのことで、ネットでも何かと話題になっていますが、長女となる25歳の子供がいるものの、その子は前妻との子供で、再婚した妻:瀬川寿子さんとの間にはなかなか子供が恵まれなかったというのです。

 

なかなか子供ができなかった背景にはどんな裏事情が隠されているのでしょうか?

 

また妻の瀬川寿子という女性のプロフィールも気になりますので、本記事で探っていきます。

 

中村梅雀、59歳で待望の二人目の子供!

 

中村梅雀②

 

赤かぶ検事シリーズで、女優:菊川怜と、親子で検事と弁護士になって対立しながら事件を解決するという一風変わったドラマにも主演され、主に刑事ものドラマなどに出演されていることで有名な俳優:中村梅雀。

 

中村梅雀さんは、元々歌舞伎役者なのですが、どちらかと言えば、俳優としての顔の方が有名で、なかなか歌舞伎役者というイメージが無いという変わった役者さんというような印象を受けます。

 

そんな中村梅雀さんですが、2006年に再婚された妻:瀬川寿子さんとの間に待望の二人目の子供が生まれたということで、何かと話題になっているそうです。

 

中村梅雀の妻の瀬川寿子

 

中村梅雀③

 

それもそのはずです。

 

今でこそ、晩婚で子供が出来たというケースは珍しくないと思いますが、それでも中村梅雀さんが59歳で出来た子供ですから、芸能人に出来た子供というだけでも何かと話題になりやすいのに、59歳という年齢が、より一層、注目のきっかけを与えているのでしょう。

 

それにしても、一般サラリーマンで言えば、定年間近とまで言われるこの年齢で子供が生まれるというのですから、なんともすごい話ですよね。

 

当の本人である中村梅雀さんも、半ば子供は諦めていたと言っていたらしく、たまたま羽目を外したところ自然な形で妻の瀬川寿子さんの妊娠が発覚し、無事おめでたとなったとのこと。

 

59歳と言っても再婚したのは2006年のことですから、長年おしどり夫婦として愛しあうご夫婦がいることを考えると、別に中村梅雀さんが妻の瀬川寿子さんとラブラブ状態が続き、夫婦生活を営んでいたとしても別におかしな話ではありませんよね。

 

ただ、成田離婚という言葉も一時期はやり、熟年離婚がブームになる中で、彼等は愛を育まれているのですから、いろんな意味で見習いたいものですね。

 

そういえば、無事二人目の子供が生まれ、中村梅雀さん自身、羽目を外して喜びながらも、『パパはずっと稼がなくちゃいけない。何よりも健康に気をつけるのが一番で、飲み過ぎはいかんぞと思う。とにかく子供にとって元気なパパでいたい。』と気を引き締めていたそうです。

 

一方、25歳の長女からは、『喜ぶのはいいけど、中村梅雀さんと子供が並んでいると、私の娘に思われるわね』と言われてしまったとか…

 

確かにある意味お孫さんに間違えられかねませんし、中村梅雀さんの子供が、周囲からお孫さんと間違われないように、パワフルで元気なパパでいてあげて欲しいと、ますます元気で活躍されていくことを心から期待しています。

 

中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんにとって、待望な二人目の子供となった理由は?

 

中村梅雀⑦

 

今回、中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんに待望の二人目の子供が誕生したという話が、ネットニュースなどで取り上げられていますよね。

 

確かに、子供が生まれるということは待望であるのは当然だとしても、中村梅雀さん自身、結婚後9年経っていますし、子供が出来るチャンスはいくらでもあったように思いますが…

 

それに、ネットニュースでそこまで大げさに取り上げなくてもいい気がするのは私だけでしょうか?

 

中村梅雀さん自身、祖父:三代目中村翫右衛門、父:四代目中村梅之助と歌舞伎役者の家系に生まれた歌舞伎役者ですから、跡目問題など何かと難しい部分もあったのかもしれません。

 

歌舞伎一家、中村梅雀さんの父『四代目中村梅之助』

 

中村梅雀④

 

ただ、跡目を大事にするなら、長女しか子供がいない中村梅雀さんには、逆に子供を望む声が大きくなってもおかしくないはず…

 

その事を考えても9年の間に中村梅雀さんにもう一人くらい子供が生まれていてもおかしくないと考えるのは別に不自然では無いと思うのです。

 

そんな違和感を覚えながらこのニュースの裏側を調べてみると、心底待望だった意味がようやく見えてきました。

 

実は中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんの間には、2006年再婚当初に子供ができたことがあったそうです。

 

再婚当初にすぐに妊娠が発覚し、中村梅雀さんはもちろんのこと、瀬川寿子さんはさぞ喜んでいたことでしょう。

 

しかし、その子供は生まれること無く流産してしまいます。

 

きっと瀬川寿子さんもショックを受けていたはず…

 

その後も中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんの間にはなかなか子供が出来ず、二人はたびたび不妊治療を受け、子供を求めていたというのです。

 

体外受精なども検討し、そろそろもう子供は諦めようとしていた矢先に、偶然にも自然な形で妊娠が発覚し、無事に二人目の子供が生まれたというのです。

 

どうしても子供が欲しいと不妊治療に励む方は、この時代たくさんいらっしゃいますよね。

 

そんなご夫婦達に勇気を与えた中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんの第二子誕生とも言えるでしょう。

 

そして、中村梅雀さんにとってまさに、待望の二人目の子供となったわけで、羽目を外して喜ぶのもよく分ります。

 

長年思い描いた待望の二人目の子供なのですから、素敵なパパになってしっかり育ててあげて欲しいと願っています。

 

中村梅雀さんの妻:瀬川寿子さんが女優って本当?プロフィールは?

 

中村梅雀⑤

 

中村梅雀さんの二人目の子供誕生ニュースで何かと注目されている妻:瀬川寿子さんですが、ネットニュースなどでは女優という肩書で書かれていますよね。

 

実際に私も妻の瀬川寿子さんの存在をこのニュースで初めて知ったくらいですし、本当に女優なのか、それ以前に、瀬川寿子さんはどんな人物なのか、全く想像も出来ません。

 

そこで、瀬川寿子さんのプロフィールを調べてみることにしました。

 

妻の瀬川寿子さんは、1981年2月1日兵庫県神戸市生まれの34歳。

 

本名は三井寿子。

 

2003年に前進座に入座して、舞台女優としてキャリアをスタートさせた寿子さんは、その後、『唐茄子屋』の女優役として2004年にデビューして以来、主に舞台や2時間ドラマなどで出演されているそうです。

 

中村梅雀さんの妻、瀬川寿子さんが所属していた”唐茄子屋”

 

中村梅雀⑥

 

中村梅雀さんとの馴れ初めは、瀬川寿子さんがまだ養成所に所属していた2002年。

 

たまたま中村梅雀さんの出演しているテレビ番組の撮影に同行する機会があり、そこで中村梅雀さんと妻の瀬川寿子さんは出会い、やがて交際することに…

 

そして、2006年に、中村梅雀さんが50歳、妻の瀬川寿子さんが25歳という年齢差で再婚。

 

出会った頃は、ただの先輩後輩の間柄でしかなかったのだと思いますが、中村梅雀さんは歌舞伎や2時間ドラマを中心に活動されていますし、妻の瀬川寿子さんも舞台と2時間ものドラマが中心と何かと共通点もある中村梅雀さんと瀬川寿子さんなので、いろんな意味で接点もできていたのでしょう。

 

そんな二人だからこそ次第に心が惹かれ合い再婚に至ったのだと思いますよ。

 

50歳での再婚となり中村梅雀さんも、当時結構喜ばれていたらしく、そして、今回の二人目の子供誕生と、2度も大きなプレゼントをもらい、妻の瀬川寿子さんにはただただ感謝ですね。

 

さて、今回59歳という高齢で二人目の子供を誕生した中村梅雀さんですが、59歳で子供が誕生となると、先程もお話したように、結構凄いことと思いがちですよね。

 

ところが実際に他のケースを調べてみると、そんなに珍しいことでもなく、逆に他の人よりも若くして子供を持っているのだと気付かされます。

 

例えば、現在、離婚問題が泥沼化していることでも話題になっている三船美佳さんも父三船敏郎62歳の頃に誕生していますし、近年では、篠原涼子さんと結婚し話題になっている俳優:市村正親も63歳で子供が生まれています。

 

母親が高齢というパターンはレアかもしれませんが、父親が高齢というケースは決して珍しい話では無く、中村梅雀さんの59歳はまだ若く、決してレアでも何でも無いのです。

 

特に芸能人で59歳というと、まだまだ現役で若い方が多くいらっしゃいますし、二人目の子供の誕生を機に、今後もますます俳優として活躍し、あらゆるメディアで中村梅雀さんの活躍する姿を見せ続けて欲しいと期待しています。

 

そして、夫婦として仲睦まじく幸せが続いていくことを心から願っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事