真木よう子が元夫と離婚した原因とは!?

日本を代表する有名女優と言っても過言ではないほど地位を確立している女優、真木よう子さんですが、先日離婚した夫と共に長女の入学式に同伴したと話題になっています。

真木よう子さんと元夫はなぜ娘の入学式に一緒に出席するほどの仲であるのに離婚に至ったのでしょうか?

真木よう子さんと元夫との関係について徹底検証してみました。

真木よう子の結婚はデキ婚だった!?

真木よう子はデキ婚だった!?出典:夫がクリーニング屋でバイトを愚痴って「真木よう子」の最終決断

真木よう子さんは2015年に離婚を発表しましたが、このニュースが駆け抜けた時に、

「真木よう子って結婚してたんだ?しかも子供もいたんだ?」

と驚いた人も多かったのではないでしょうか?

真木よう子さんが元夫と出会ったきっかけは共通の友人である瑛太さんだったようで、2008年に結婚し、さらに2009年には長女が生まれていて、しかもデキ婚だったようです。

真木よう子さんはその後、実力で日本を代表するまでの大女優へと成長していくこととなります。

夫との結婚後のブレイクということもあり、夫には感謝している円満夫婦のように見えましたが、いったいなにが離婚の原因となってしまったのでしょうか…

真木よう子のブレイクが離婚の原因に!?

真木よう子のブレイクが離婚の原因に!?出典:http://topicks.jp/43520

真木よう子さんは結婚後にブレイクし、ドラマに映画に引っ張りだこの大女優になっていきました。

一方で、夫の仕事は鳴かず飛ばずで、俳優としてはおろか、リリーフランキーさんに師事して執筆活動もしていたそうですが、本が出版されることはなかったそうで…

真木よう子さんと元夫の間には大きな収入格差が生まれたのです。

一見、真木よう子さんがブレイクし、稼げるようになったことは、家族にとって嬉しいことのように見えますが、実は離婚への土台をここで作ってしまったのかもしれません。

真木よう子さんは元俳優であり輝いていたころの元夫が好きであり、子育てに専念している夫は見たくなかったのかもしれません。

しかし、現実的に真木よう子さん自身が女優の仕事に専念出来ていたのは元夫の協力あってのことだったため、子供に手がかかるうちは離婚に踏み出せずにいたのかもしれません。

子供に手がかからなくなってきたタイミングを見計らって、夫に三下り半を押すとは真木よう子さんの計画性が見える気がします。

かつて、「ひとことで言えるほどの離婚理由であれば、離婚までに至りません」と誰かが言ったことを覚えていますが、真木よう子さんも離婚を決意するまでには色々な条件が重なったのでしょう。

真木よう子さんが離婚に至った原因は、ただ単に収入格差というだけではなく、元夫の仕事に対する考え方、子育ての考え方、家族のあり方の考え方に至るまでいろいろなすれ違いがあったのかもしれませんね…

真木よう子は「円満離婚」を装い、元夫を利用している!?

真木よう子は「円満離婚」を装い、元夫を利用している!?出典:真木よう子 離婚したはずの元夫と一緒に娘の入学式に参加(芸能)

真木よう子さんは「円満離婚」という形で真木よう子さんが親権を獲り、離婚が成立しました。

しかし、現実問題、真木よう子さんが女優の仕事を続けていく上で、元夫の子育て協力なくしてやっていけないということもあるようで、「円満離婚」になったと言われています。

真木よう子さんは離婚した今でも元夫と連絡を取り合い、必要な時は子供を任せるなど協力してもらっているそうです。

芸能関係者は今回の入学式同伴をこのように分析しています。

「真木さんにとっては不本意かもしれませんが、“別れても、あなたはパパ!”と緊急招集をかけているんでしょう」

引用:真木よう子、長女の入学式は“離婚半年”元夫と出席!「家族3人で嬉しそう」だったとか

しかし、お子さんの嬉しそうな顔を見たという目撃証言もあり、いろいろな夫婦の形があってもいいのかもしれません。

結果、喧嘩ばかりして不仲な夫婦仲を見せるよりは、円満離婚して節目節目だけでも仲のいい夫婦の形を見せられたことは、真木よう子さんの正しい判断だったと言っていいのかもしれません。

今後も女優として活躍していくだろうと思われる真木よう子さんですが、プライベートも応援したくなりますね。

今後の真木よう子さんの活躍にも期待です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事