ホラン千秋の英語がすごい!出身大学や経歴まとめ!

 

アイルランド人の父と日本人の母の間に生まれたハーフタレントとして活躍されているタレント:ホラン千秋さん。

 

ホラン千秋さんは、報道番組・情報番組などでも、キャスターやコメンテーターとしてよく出演されていますし、知的なイメージも強い女性ですよね。

 

ホラン千秋①

 

そんなホラン千秋さんの”英語”がすごいと、ネット上で話題になっているそうです。

 

確かに、ホラン千秋さんはハーフタレントですが、ハーフでも英語が苦手という方もいますし、それだけで話せるとは限りませんよね。

 

では、ホラン千秋さんの英語がすごいと言われるのは何故なのでしょうか?

 

また、出身大学や経歴など気になる方もいらっしゃるようなので、本記事でそれらの情報を探っていきます。

 

ホラン千秋の経歴・プロフィール

 

ホラン千秋②

 

女優・タレント・キャスター・コメンテーターなど、マルチに活動するだけでなく、あらゆる状況に応じて、ふざけた表情を見せてみたり、急に毒舌を吐いてみたりなど、様々な顔を見せる器用さを持つマルチタレントの、ホラン千秋さん。

 

父が”アイルランド人”、母が”日本人”というハーフタレントとしても知られているホラン千秋さんですが、実は、ブレイクし始めたのはここ数年の話で、14歳の頃からアミューズに所属していたものの、全く売れずにアルバイトに明け暮れていたこともあるそうです。

 

ホラン千秋さんに、そんな不遇の時代があることを知らないファンも多いと思いますので、ここでホラン千秋さんの経歴・プロフィールを見ていきたいと思います。

 

ホラン千秋さんは、1988年9月28日、東京都多摩市出身の26歳。

 

冒頭からもお話しているように、ホラン千秋さんはアイルランド人の父と日本人の母の間に生まれたハーフです。

 

ハーフということで外交的とみられるものの、実は内向的で、特に用事などがなければ家でゴロゴロしていることが多いという話もあり、休みの日はジャージにノーメイクでメガネをかけた状態で、全く部屋から一歩も出ないなんてこともよくあるそうです。

 

詳しく芸能界入りのきっかけがつかめているわけではありませんが、関係者の話では、ホラン千秋さんが14歳の頃に、スカウトによって芸能界入りし、ドラマなどにも出演していたようです。

 

しかし、女優としてのホラン千秋さんは、鳴かず飛ばず状態で、下積みが多く、その頃に大学進学し留学経験もあるのだとか…

 

その後、ホラン千秋さんはアナウンサーになりたいと、各放送局のアナウンサー試験を受けるも見事に玉砕し、レジ打ちにアルバイトをしながら生活していた過去もあります。

 

そんなホラン千秋さんの転機となったドラマが、2011年テレ朝系で放送されたドラマ『陽はまた昇る』でした。

 

ホラン千秋の転機は髪型?ロングヘアをバッサリカット!

 

ドラマ『陽はまた昇る』で、ホラン千秋さんは、役作りのためにそれまでのロングヘアをバッサリ切り、今のショートヘアになったことで、何かと目立つ存在として印象に残るようになったのか、徐々にではあるものの、仕事が増えていったと聞きます。

 

ホラン千秋③

 

更に、アナウンサー試験まで受けて志望していたキャスターやコメンテーターの仕事が、ホラン千秋さんにどんどん舞い込んでくるようになり、その他でもバラエティなどの仕事が増えているのですから、髪を切るだけでそこまで大きく人生が変わっていくとはすごい話ですね。

 

キャスター・コメンテーターを軸に、バラエティなどでもブレイクし始めたホラン千秋さんは、近年、再びドラマ・映画などにも出演するようになり、まさにあらゆるジャンルで活躍できるマルチタレントとして飛躍していくのです。

 

一部では、まだまだこんなものではないと、ホラン千秋さんの可能性を高く評価されている方もいらっしゃるそうですし、今後が益々楽しみですね。

 

ホラン千秋の出身大学・学歴

 

ホラン千秋④

 

ハーフタレントとして、また、あらゆるジャンルに精通されているマルチタレントとして、活躍されているホラン千秋さんですが、印象からしてかなりクレバーな女性という印象があるだけに、出身大学や学歴などが気になりますよね。

 

早速調べてみると、多摩市立豊ヶ丘中学校、東京都立国際高等学校を経て、2011年3月に青山学院大学文学部英米文学科を卒業していることが分かりました。

 

さらに大学卒業後、ホラン千秋さんは2009年から1年間オレゴン州立大学に留学されていて、成績も優秀と評価されていたことが判明します。

 

学籍優秀であったにも関わらず、民法キー局のアナウンサー試験に全敗と、ここで初めて挫折を味わったホラン千秋さんですが、近所のスーパーでレジ打ちのアルバイトをしながら生計を得て、その間、僅かながらも芸能の仕事を地道に務め上げます。

 

その後は、プロフィールのところでもお話したように、ドラマ出演の際にショートヘアにしたことをきっかけに、ホラン千秋さんに仕事が舞い込むようになっていくのです。

 

下積み時代が長く、挫折も経験されているホラン千秋さんですが、学校の成績はかなり優秀だったみたいですね。

 

”英語が堪能”という話もよく耳にしますし、留学経験を経て、更に語学力も高めていったことでしょう。

 

留学経験なんてなかなか普通の人には出来ない話ですし、それだけ優秀で将来に期待が持てるポテンシャルの高い女性であることが分かり、今後、これらの経験も芸能活動に活かしてくれるのではと、いろんな意味で期待しています。

 

ホラン千秋の英語がずば抜けてすごいと言われる理由

 

ホラン千秋⑥

 

ホラン千秋さんは、ハーフタレントとして、普段はキャスター・コメンテーター・タレントなど幅広く活躍されているマルチタレントで、最近では女優としてもホラン千秋さんの姿を見かけるようにもなりました。

 

特に、嵐の櫻井翔さんが主演を務めたドラマ『大使閣下の料理人』では、ホラン千秋さんはフランス大使館のマリーという役を演じ、”フランス語”を流暢に話していた姿を見せていた時には、『フランス語も話せるのか?』とネットユーザーの多くが、その語学力にビックリ…

 

一部では英語も堪能であるという話も伺えますし、”ホラン千秋はトリリンガル?”という噂が聞かれたことがあります。

 

実際のところは、ホラン千秋さんがフランス語は堪能でなくて、あくまで役作りで覚えていただけに過ぎず、現在はほとんど話せないみたいですが、英語が堪能なのは事実とのこと。

 

まぁ、基本的にフランスにかなり馴染みのある方(フランス人・フランス語圏の外国人など)でなければ、発音が非常に難しくすぐ挫折してしまいそうな言語ですし、ドラマで覚えていただけというのであれば、すぐに忘れてしまうのも無理ない話です。

 

さて、何かとネットでも話題になっているホラン千秋さんの英語ですが、確かにホラン千秋さんの話している英語の発音を聴くとずば抜けてやばいという方が多いようです。

 

話によると、ネイティブな発音で、現地の人の話し方そのものというような評価を多くのネットユーザーがしているというのです。

 

残念ながら、現在はホラン千秋さんの英語が分かる映像がないため、実際に聴いて判断することは出来ませんが、かなり流暢なのは確かなようですね。

 

ところで、ホラン千秋さんはアイルランド人の父と日本人の母のハーフなのですが、何故英語が堪能なのでしょうか?

実は父の故郷であるアイルランドの公用語は、アイルランド語と英語で、現在は、主に英語を使っている方が多いそうです。

 

そのため、ホラン千秋さんも父とは英語で常に話をされているらしく、そのために英語がずば抜けて高くなっているみたいです。

 

普段から英語を話していれば自ずとネイティブな発音も出来るでしょうし、堪能であるのは当たり前ですよね。

 

アントニーさんや、デニスの植野行雄さんのように、母国語(アントニーさんは英語、植野さんはポルトガル語)が話せないのは、普段話していないからで、いくらハーフであると言っても、誰でも母国語を話せるというわけではありません。

 

まぁ、アントニーさんは、幼いころに両親が離婚し、アメリカ人の父親とも離れ離れになってしまい、その後母が再婚し両親が日本人という環境に生きていたわけですから、英語が離せないのは無理ない話です。

 

あくまでホラン千秋さんのように、両親のいずれかと母国語で話をしていることが大前提で、流暢に外国語が話せる(ホラン千秋さんの場合は英語)というわけですね。

 

ホラン千秋は英語だけじゃない!ポテンシャルも凄い?

 

これは、全力!脱力タイムズにホラン千秋さんが出演されていた時の話です。

 

この番組のラストでマツコ・デラックスさんが、出演者に対する感想を述べるコーナーがあるのですが、何故か話はホラン千秋さんの事になり、マツコ・デラックスさんは、まだまだホラン千秋さんを周囲が活かしきれていないと一刀両断。

 

自分にホラン千秋さんを預けてみたらもっと爆発させられると豪語するのです。

 

そして、ホラン千秋さんのポテンシャルはこんなものではないと言い切り、まだまだ未知数の部分があり楽しみと賞賛されているのです。

 

確かに、イメージではかなりクレバーであらゆる状況に応じて、対応出来る起用な女性ですから、その部分をマツコ・デラックスさんが見抜いているのかもしれませんね。

 

ホラン千秋さんもショートヘアにしたことを転機にしてブレイクされた芸能人で、元々は、14歳の頃から芸能事務所『アミューズ』に所属し、下積みも10年積んできているらしく、その頃に培われた経験がポテンシャルとして彼女を高めてくれているようです。

 

過去には、アナウンサーになりたいと各放送局に試験を受けに行った経歴もあり、その時には合格に至らなかったそうですが、今ではその時の経験が存分に発揮され、キャスター・コメンテーターの仕事も増えています。

 

ホラン千秋の英語が評価!キャスターを務めたNEWS ZERO

 

ホラン千秋⑦

 

きっと、ホラン千秋さんをキャスターとして起用された番組制作サイドには、ある種の先見の目があったのかもしれませんね。

 

まだまだホラン千秋さんのポテンシャルはこんなものではなく、今後も多方面で大活躍されていくと思えるだけに、さらなる魅力で多くのファンを惹きつけていってほしいと、今後のホラン千秋さんに期待しています。

SNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事