【画像】橋本志穂、Faebookに遺体写真を載せ大炎上中!

お笑いタレントで俳優のガダルカナル・タカさんの妻・橋本志穂さんが、先日亡くなった自身の母親の遺体と一緒に撮影した写真をFacebookに投稿し大きな波紋を呼んでいます。

橋本志穂さんが投稿したその画像には、お母様の「遺体」がそのまま写っているそうなんです・・・

いったいどんな写真を載せ、なぜ炎上しているのでしょうか?

今回はそんな橋本志穂さんの炎上騒動についてリサーチしてみたいと思います!

橋本志穂の経歴は?家族構成は?

橋本志穂の経歴は?家族構成は?出典:2度目の夫婦共演|橋本志穂の部屋

タレントやフリーアナウンサーとして活動する橋本志穂さんはたけし軍団のガダルカナル・タカさんを夫に持ち、テレビでも何度か夫婦で共
演しています。

小学校までは陸上に力を入れていたらしく、女子陸上の名門「筑紫女学園高等学校」に入学し、大学は「福岡大学体育学部」を卒業しています。

大学を卒業後は福岡放送に記者として入社、後にアナウンサーに転籍しガダルカナル・タカさんと結婚して退社し今に至るそうです。

そんな橋本志穂さんのお母様が先日お亡くなりになられました。

そしてそんな悲しみの中、橋本志穂さんが取ったある行動が物議を醸しています。

橋本志穂が母親の遺体を撮影しFacebookに投稿した理由

橋本志穂が母親のご遺体を撮影しFacebookに投稿した理由出典:【画像】橋本志穂、Facebookに母親の遺体写真公開し炎上!fbに亡骸公開は非常識か?2ch「テメーとかさすがガダルカナル・タカの妻」「公開するなよドン引き」

そんな橋本志穂さんが、Facebookにて母親が4月28日に亡くなったことを報告しました。

「結局、母は頑張れませんでした。すごく苦しんで、痛みと闘って、、
明け方には静かに、眠ってるとみんなが思うくらいー呼んでも
たたいてもつねっても応えてくれませんでした。」

引用:【画像】橋本志穂、Facebookに母親の遺体写真公開し炎上!fbに亡骸公開は非常識か?2ch「テメーとかさすがガダルカナル・タカの妻」「公開するなよドン引き」

このような書き出しで始まる投稿には、数点の写真が添えられていました。

橋本志穂が母親のご遺体を撮影しFacebookに投稿した理由
橋本志穂が母親のご遺体を撮影しFacebookに投稿した理由
橋本志穂が母親のご遺体を撮影しFacebookに投稿した理由
橋本志穂が母親のご遺体を撮影しFacebookに投稿した理由
橋本志穂が母親のご遺体を撮影しFacebookに投稿した理由
出典:【画像】橋本志穂、Facebookに母親の遺体写真公開し炎上!fbに亡骸公開は非常識か?2ch「テメーとかさすがガダルカナル・タカの妻」「公開するなよドン引き」

写真には橋本志穂さんの母親が横たわっている姿や、親戚や友人が母親を囲んでいる様子などが写っていたのです。

橋本志穂さんは母親が危篤状態と知らされると、すぐに実家のある福岡に戻り懸命な看病を続けていたといいます。

その中で、母親の苦しむ姿や病気に負けまいと頑張る姿をFacebookに画像を付けて何度か投稿していました。

この写真は橋本志穂さんの母親を心配している友人や親戚のために投稿していたものだったのです。

しかし、それを知らなかった人から「母親が危篤なのにこんな写真を撮る余裕があるなんて、芸能人は違いますね」といった辛辣なコメントが寄せられました。

これに橋本志穂さんは「テメーに見せるためじゃねーんだよ! 」と怒りを爆発させたのです。

母親の容態をFacebookに投稿しているのは「母親の兄弟や親戚など、家族に向けて報告しているもので、他人のためではない」とコメントで反論したのです。

この反論が様々なサイトで取り上げられ世間の注目を集めることになり、橋本志穂さんの母親のご遺体を撮影した写真も知れ渡ってしまったのです。

橋本志穂のように遺体を撮影する人は増えている?

橋本志穂さんのようにご遺体を撮影する人は増えている?

今回の橋本志穂さんのように亡くなったご家族のご遺体をスマホなどで撮影し、記録に残そうという試みは最近ではあまり珍しくない行為になっているそうです。

葬儀社の関係者も葬儀の冒頭でスマホの電源を切るようにとお願いしますが、ご家族であれば最後の別れを惜しんで記録しておきたいという人が増えているためそこまで強く注意をすることはなくなっているそうです。

しかし、FacebookなどのSNSにご遺体の写真を投稿するということになると、まだまだ抵抗のある人も多いようです。

そのため自分の母親のご遺体の写真をFacebookに投稿した橋本志穂さんに対して「ありえない」と批判が殺到しました。

その一方で「家族への報告なら良いのでは?」と肯定する意見もあり賛否両論を呼ぶ事態になっているそうです。

日本では死者を仏様と呼び神聖な対象として扱うのが当たり前になっているため、スマホで撮影するというのはどうしても罰当たりな行為と考える人も多いようです。

しかし、愛するご家族ともう二度と会えないと思うと、撮影したいと考える気持ちも分かります。

賛否両論あるとは思いますが、皆様はどのようにお考えになるでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事