剛力彩芽の髪型がロングからショートになった理由とは!?

剛力彩芽①

女優・歌手・バラエティなど、マルチに活躍できる才覚を発揮しあらゆるシーンで見られるようになった剛力彩芽さん。

 

最近ではフジ系バラエティ『奇跡体験!アンビリバボー』でMCまで務めているのですから、その活躍ぶりには驚かされます。

 

そんな剛力彩芽さんですが、実はオシャレな髪型で評判で、ロングヘア時代もあったそうです。

 

今のトレードマークのショートヘアの髪型も、自発的になったわけではなく、ある理由からショートヘアの髪型になったと言われています。

 

その理由とは何なのか?またショートヘアの髪型になってファンの反応はどう変化していったのか、本記事で探っていきます。

 

剛力彩芽にもロングヘアの髪型の時代があった事実

剛力彩芽②

 

女優:剛力彩芽さんといえば、やはりトレードマークとなるショートヘアの髪型がチャームポイントですよね。

 

過去に、剛力彩芽さんは、映画『L・DK』に出演していた頃、エクステンションをつけていたのか、肩まで伸びたロングヘアの髪型を見せていたこともありましたが、私の個人的印象では、『誰この人?』といった感じでした。

 

ロングヘアの髪型時代の剛力彩芽

 

剛力彩芽③

 

よく見れば、確かに剛力彩芽さんだとわかりますが、完全にショートヘアの髪型がトレードマークとなっているため、ロングヘアの髪型だと影が薄くなってしまうような気がしますし、違和感もあると言っていいのかもしれません。

 

剛力彩芽さん自身、久しぶりにロングヘアの髪型になった照れがあるのか、ロングヘアになったことで背中がむず痒いと語っていたことがあったそうです。

 

やはりなんとなく、ロングヘアの髪型には違和感を持っていた部分もあったのでしょう。

 

そんな剛力彩芽さんですが、最初からショートヘアの髪型だったのかというとそういうわけではなく、デビュー当初などは、腰辺りまで伸ばした超ロングヘアの髪型だったというのです。

 

実際に剛力彩芽さんがブレイクしたのも、ショートヘアにしてからですし、ロングヘアの髪型時代の剛力彩芽さんを知らないのも無理はありません。

 

では、ロングヘアの髪型の剛力彩芽さんはどんな活動をされていたのでしょうか?

 

剛力彩芽さんは、2002年、国民的美少女コンテストの2次審査で落選したものの、オスカー事務所からスカウトを受けて芸能界に入りましたが、当時はまったく仕事が無く、中学3年の頃に初めて入った大きな仕事がモデルの仕事でした。

 

剛力彩芽さんも、今流行のモデル経由女優への階段を上がっていた方だったわけです。

 

当時入った仕事は、ファッション雑誌セブンティーンの専属モデル。

 

剛力彩芽さんは、雑誌を見ている女性中心に人気はあったみたいですが、それでも、今のような爆発的なブレイクは無く、あくまでモデルの中の一人と言った感じだったようです。

 

そして、あるドラマ出演を機に、剛力彩芽さんはバッサリ髪を切り、ショートヘアの髪型に大変身。

 

すると新たな魅力を引き出せたのか、剛力彩芽さんはすごくチャーミングな女性として映り、多くの男性ファン達が増え始め、今のようなブレイクに繋がっていくわけです。

 

女性は男性と違って、髪型一つで大分印象も変わりますし、剛力彩芽さんもほんのちょっとしたことではあったのですが、それがきっかけで女優として大成していったのですね。

 

ロングヘアの髪型でブレイク前の剛力彩芽さんのことを知り、また新たな魅力を感じることが出来たようなきがしますね。

 

剛力彩芽がショートヘアの髪型にした理由

 

剛力彩芽⑤

 

ロングヘアをバッサリ切ったことで一気にブレイクしていった剛力彩芽さんですが、腰辺りまで伸びていたロングヘアの髪型を辞めたというのですから、それってかなり勇気のいることですよね。

 

女性にとって髪は命と同じくらい大事なものとも言われていますし、一度伸びた髪をバッサリ切ってしまったら、また元の髪型に戻すまでかなり時間が掛かるわけですから、万が一それで変なイメージを持たれてしまったら大惨事…

 

たまたま剛力彩芽さんは、ショートヘアの髪型にしたことでブレイクしていきましたが、かなり勇気のいる賭けでもありますし、よくそこまで踏み切れたものですよね。

 

では、一体何故、剛力彩芽さんはロングヘアをバッサリ切り、今のショートヘアの髪型にしたのでしょうか?

 

そのきっかけを与えたのは、剛力彩芽さんが出演した、月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』でした。

 

このドラマは、三浦春馬さん戸田恵梨香さんのW主演のドラマであり、女優:武井咲さんがブレイクするきっかけになったドラマで、何かと注目されたドラマですよね。

 

このドラマに剛力彩芽さんは、三浦春馬さん演じる柏木修二が担任を持つ私立明稜学園高等学校2年1組の生徒で、武井咲さん演じる佐伯ひかりの親友である園田望未という、結構重要な役を演じられています。

 

天真爛漫で、活発で自由人というかなり元気なキャラクターですが、イメージとしては、剛力彩芽さんにピッタリな役で、まさにはまり役と言ってもいいでしょう。

 

一部ではロングヘアの髪型で出演したシーンもありますが、基本はショートヘア。

 

やはり、元気あふれる女生徒を演じるためには、ロングヘアよりショートヘアの髪型のほうが似合っていたということなのかもしれませんね。

 

実際にこの当時の剛力彩芽さんは、女優としてほとんど芽が出ていない状況で、このドラマの出演もオーディションを受けてようやく掴んだチャンスでもあり、髪を切ることを断りチャンスを棒に振るという選択肢は選べなかったみたいです。

 

それにしてもおかしいのは、ロングヘアの髪型の剛力彩芽さんをオーディションで通したはずなのに、何故いきなり髪を切るように指示が入ったのかということです。

 

一応、序盤、ロングヘアの髪型で登場する剛力彩芽さんのシーンもあったので、そのイメージで採用したものの、後々イメージが変わりショートヘアの髪型で挑んだほうが良いと監督が判断したんだと思います。

 

ロングヘアの髪型で登場していた剛力彩芽さん出演シーン

 

剛力彩芽⑦

 

もちろん、急にショートヘアの髪型にするように指示が入った理由に関しては推測上の話ですが、いずれにしても、剛力彩芽さんは月9ドラマに出演するというビッグチャンスをものにするため、監督の指示に従いこれまで伸ばしてきたロングヘアの髪型をバッサリ切ってしまったのです。

 

女性は、時に大胆なことを平気でやってしまうことがありますよね。

 

当時の剛力彩芽さんにとっては、ロングヘアの髪型と、女優として大成するチャンスを天秤にかけた時に女優として大成するほうが重く、思い切って髪をバッサリ切ったのでしょう。

 

結果的に、この判断が大正解となって、その後剛力彩芽さんは超人気女優としてブレイクしていくわけですから、本当に人生何が起こるかわからないものです。

 

剛力彩芽の髪型に対するファンの反応・評判は?

 

剛力彩芽⑧

 

セブンティーン専属モデル時代は、腰近くまで伸ばしたロングヘアの髪型、2011年の月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』では、驚くほどバッサリ切ったショートヘアの髪型、そして、2014年の映画『L・DK』出演時はエクステをつけた肩まで伸びたロングヘア…

 

女優としてあらゆる役に応じて髪型を伸ばしたり、バッサリ切ったりしている女優:剛力彩芽さんですが、やはりトレードマークとなっているのは、天真爛漫で元気な雰囲気を象徴とする爽やかなショートヘアの髪型ですよね。

 

ロングヘアの髪型時代の剛力彩芽さんに対しても確かに清楚でかわいらしいという評判は得られていましたが、ショートヘアと比較してどちらが良いかと聞かれると、ほとんどの声がショートヘアの髪型に集まっています。

 

やはり、ショートヘアの髪型の剛力彩芽さんが笑顔になった姿は、多くのファンの心を癒し明るく照らしだしてくれる印象を与え、好感が持てるみたいです。

 

特に女優はイメージが優先する職業ですから、ショートヘアの髪型がトレードマークとなった今は、基本ショートヘアで、女優として役に応じて髪型を変えていくといった方針を取っていくのでしょうね。

 

今後もその明るい笑顔を軸にマルチに活躍し続けていく剛力彩芽さんに注目していきたいものです。

SNSでシェアしてね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事