『DAIGO』が24時間マラソンのランナーにオファーされた本当の理由とは?

DAIGO①

 

何かと略語にしてファンを楽しませているロッカーDAIGOが、24時間チャリティーマラソンのランナーにオファーされ、約2週間後に100kmという途方も無い距離を走ることになりました。

 

 

ネット上でも何かと話題となり、いろいろ注目されていますが、実は彼にオファーした本当の理由は、日テレサイドのある狙い(算段)があったために、オファーしたというのです。

 

その本当の理由は彼が話題になっているある理由からくる実に大胆なものなのですが、その理由とは何だったのでしょうか?

 

そこで、本記事で、彼がマラソンランナーのオファーを受けた経緯とともに、日テレサイドが抱いた本当のオファー理由を探っていきます。

 

 

DAIGOがチャリティーマラソンランナーに選ばれた、ボンビーガール

 

DAIGO②

 

ロックミュージシャンDAIGOがこの夏24時間テレビチャリティーマラソンに挑戦することになり、いよいよ後2週間ほどで、そのマラソン日が訪れようとしています。

 

正直誰もが彼の完走は無理ではと思っているでしょうし、DAIGOさん本人も絶対に無理と言っていたわけですが、それでも、いろいろ悩んだ結果彼は男気を見せてチャリティーマラソンを受けることに…

 

その一部始終が、彼が出演しているボンビーガールで映しだされていましたよね。

 

その放送を観ていたファンの中には、さすがDAIGOと絶賛する声も聴かれたそうです。

 

それにしても今まで走る距離すら伝えてられていなかったとは…

 

本当に恐ろしい話ですよね。

 

このボンビーガールには、MCを務めるTOKIO山口達也さんもかつて24時間チャリティーマラソン経験者としていらっしゃいます。

 

『山口達也』

 

DAIGO③

 

そのことは当然DAIGOさんもご存知だったらしく、マラソンランナーとして引き受けるべきかどうかよく相談されていたという話もありましたし、何よりも彼にとっては心強い味方だったと思います。

 

それにしてもよく彼はこのチャリティーマラソンを受けてくれましたよね。

 

確かに公開オファーでしたし、断ればネットで叩かれるという可能性もあるので、無闇に断ることが出来ないというのもよく分ります。

 

しかし24時間マラソンがある8月下旬は、自身のバンドBREAKERZの全国ツアーまっただ中…

 

『BREAKERZ』

 

DAIGO④

 

もちろん、放送の22日・23日にライブの予定が入っているわけではないとしても、翌週29日には福岡でのライブも予定されていますし、全国ツアーが終わっているというわけでは無いのです。

 

彼はタレントとしても活躍されていますが、あくまで本業はロックミュージシャンです。

 

それに万が一このチャリティーマラソンによって彼が倒れライブが中止になるようなことがあれば、他のメンバーに迷惑が掛かるだけでなく、ライブを運営しているスタッフ・関係者はもちろん、何よりもライブを楽しみにしているファンをも裏切ってしまうことになりかねません。

 

それだけは、絶対に避けなければならないことですし、普通ならオファーを受けることなどあり得ないことです。

 

しかし、彼は迷った末に、オファーを受けた翌週のボンビーガールの特番で、お得意の略語混じりでHM(はしります)と、このオファーを受けることにしたのです。

 

実に格好いい話ですが、タレントとして多忙な上に、全国ツアーも控えている身ですから、くれぐれも無理だけはしないでほしいと願っています。

 

DAIGOが24時間チャリティーマラソンのオファーを受けた理由

 

DAIGO⑤

 

どう考えても常識では考えられない、今回のDAIGOさんへのチャリティーマラソンのオファーですが、まさか、彼はオファーを受けられました。

 

ある意味、実に格好良い話ではあるのですが、いくら公開オファーを受け、断りづらい雰囲気であったといっても、事情が事情ですし、断っても誰も批判はしないはず。

 

事実、公開オファーが行われたバラエティ番組【幸せボンビーガール】のMCである山口達也さんも断って構わないと言っていましたし、BREAKERZの全国ツアーを優先させ断るのが普通です。

 

しかし彼はこの過酷な挑戦を受けることに決めました。

 

それは一体どんな理由があったのでしょうか?

 

彼の中で、1週間いろいろ悩み山口さんや家族・友人などに相談した結果、ある理由から今回のオファーを受けたわけですが、その理由は、『ニーズに応えたい』という彼の優しさにありました。

 

正直な話、彼にとって、スポーツは無縁な世界の話で、ボンビーガールで公開オファーを受けた際に頭が真っ白になったのは事実でした。

 

どう考えても24時間マラソンなんて無謀な話ですし、ありえないオファーであることに変わりありません。

 

しかし、せっかくオファーを頂いたわけだし、明らかにマラソンと無縁な自分が走り切ることで、皆がテンション上がるならやってみたいと考え始めます。

 

そして、彼は1週間悩んだ末に、ファンや関係者の期待に応えるために、走ることを決めたのです。

 

私自身、彼に対して、こんな言い方はよくないと分かっていましたが、所詮竹下登元首相のお孫さんというだけという印象しかありませんでした。

 

『故・竹下登』

 

DAIGO⑥

 

しかし、実は男気のある方でファンを大切にしていらっしゃる方だと改めて分り、彼の魅力に気づけたような気がします。

 

無理は絶対禁物ですが、ぜひとも24時間マラソンを頑張って、ファンに感動を与えてほしいと期待しています。

 

24時間テレビがDAIGOさんにオファーを入れた本当の狙いとは?

 

DAIGO⑦

 

公開オファーで、DAIGOさんに24時間テレビのマラソンランナーとしてオファーした、ボンビーガールの放送は私も観ていましたが、正直『何故DAIGOさん?』という疑念しか抱きませんでした。

 

もっと適任者はいたと思いますし、あえてDAIGOさんにオファーする意味は全く分かりませんでした。

 

しかし舞台裏ではある狙いを見越して、彼にオファーを入れていたという話があり、その話を聴くとなるほどとすべてのからくりが理解できたような気がしてきました。

 

実は、現在交際中である女優:北川景子さんが応援に来るかもしれないと日テレサイドが見越していたところがあってのオファーだったというのです。

 

『北川景子』

 

DAIGO⑧

 

確かにこのオファーがあった頃には彼等は熱愛しているとワイドショーでも何かと注目されていましたよね。

 

24時間マラソンともなるとかなり過酷なマラソンとなるわけですし、以前の放送を観ても、ゴールとなる日本武道館に、マラソンランナーの家族や友人など、縁の人が応援に駆けつけることはよくありました。

 

それだけに、北川景子さんが応援に駆けつけるということは十分考えられる話です。

 

現在出演中のドラマ『探偵の探偵』の撮影がどこまで進んでいるのかは分かりませんが、24時間テレビが放送される8月22日・23日は、スケジュール上7話放送後となっていますし、おそらく撮影そのものはほぼ終わっていることでしょう。

 

 

『探偵の探偵』

 

DAIGO⑨

 

他に2016年に『の・ようなもの のようなもの』に出演が決まっているみたいですが、いつから撮影に入るか分からないものの、24時間テレビ放送当日のちょっとした時間に応援に駆けつける時間はあるはずです。

 

特に多忙でどうしても駆けつけられないという話でなければ、きっと恋人としてDAIGOさんがゴールするところに駆けつけてくれると日本テレビも算段しているところがあり、また、一部では彼がゴールを決めたその場で公開プロポーズもあるのではという話も…

 

そんなことを踏まえた上で、かなりの話題性を生んで視聴率も稼げると考えオファーしたのではというのが本当の理由と言われているそうです。

 

実際に公開プロポーズをDAIGOさんが北川景子さんに向けて行うかどうかは、正直全く分かりませんし、どちらかと言うとそんな余力はないと思うのですが、もし実際に行われるとするならば、彼女にとってこれ以上ない嬉しいプロポーズとなるでしょうね。

 

DAIGOさんへオファーした一件に対するファンの反応は?

 

DAIGO⑩

 

DAIGOさんが、今回24時間チャリティーマラソンのランナーとして、公開オファーを受けた一件に関して、大半のファンが、DAIGOさんがかわいそう、公開オファーは酷いと声を高らかに上げているみたいです。

 

それはそのはず…

 

DAIGOさんは全く運動をされている方ではなく、マラソンなど全く無縁な世界にいる方なのですから、断ったらバッシングされる可能性が高まる公開オファーは、当然かわいそうとなりますよね。

 

実際に、フジテレビ27時間テレビで、公開オファーを受けてマラソンランナーになった加藤浩次さんは、自身がMCを務める情報番組『スッキリ』で公開オファーは断れないからかわいそうとコメントされています。

 

同じ芸能人仲間達も、『かわいそう』と声を上げているというのですから、如何にとんでもないオファーだったのかよく分かりますね。

 

しかし、彼はそんな無茶ぶりとも言えるオファーに何とか応えようと日々トレーニングされています。

 

100kmという途方も無い距離をDAIGOさんが走ることになりましたが、果たして周囲の期待に応え、無事完走することが出来るのか、その顛末を見届けたいものですね。
 


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事