なぜ一瞬だけ!?HKT48森保まどかと指原莉乃のユニクロCM出演の真相!

先日のAKB48 選抜総選挙でも、1位の座を奪還したHKT48指原莉乃が、ユニクロのテレビCMで一瞬のみの主演。

 

それも共演の森保まどかと共に、気付かれない可能性も…

 

そんなことがありえるのだろうかと調べてみると、実に巧妙に戦略されたある理由が判明しましたので、ご紹介します。

 

【近年のHKT48旋風】

 

ユニクロCMのHKT48②

今年行われた第7回AKB48選抜総選挙で、HKT48の指原莉乃が、昨年のリベンジを果たして1位に返り咲いた話は、あらゆる芸能ニュースでも取り上げられ話題になっているので、皆さんご存知の話だと思います。

 

しかし、神7にもう一人HKT48メンバーが加わった事実は、意外と軽視されがちのような気もします。

 

AKB48との兼任でありながらもHKT48の中心メンバーである宮脇咲良が、昨年の第6回選抜総選挙11位にランクインし選抜入りすると、彼女の勢いは止まらず、HKT旋風に乗っかり、今年は7位と神セブン入達成。

 

これまでAKB48から移籍した指原莉乃を除いてHKT48オリジナルメンバーは誰一人入ることが出来なかったAKB48神セブンにHKTメンバーが入る瞬間が訪れたのです。

 

彼女はHKT48に加入する前、劇団四季の『ライオンキング』にも子役として出演していたほどの経歴の持ち主で、アイドルとしてのスター性を持っている人物です。

 

 

『ライオンキング出演経験証拠画像』

 

ユニクロCMのHKT48③

そのスター性が遂に発揮されたのか、4thシングルまででセンターを務めてきた兒玉遥、田島芽瑠、朝長美桜などの勢いすら抜き去り、遂にHKT48オリジナルメンバー最速で神セブンに到達したのです。

 

今回は、会場が、関東から九州に渡りヤフー福岡ドームで開催されました。

 

HKT48にとっては完全にホームグラウンドでの総選挙だったわけですが、その勢いもあり、神セブンに新たなメンバーを送り込むことが出来た快挙を成し遂げ、ますますHKT48旋風は加速していく様に思います。

 

宮脇さん自身は、AKB48の38thシングル『希望的リフレイン』では、渡辺麻友と、HKT48の5thシングル『12秒』では兒玉遥とそれぞれWセンターを務めています。

 

『希望的リフレインWセンター(渡辺麻友・宮脇咲良)』

 

ユニクロCMのHKT48④

今後も間違いなくHKT48の中心メンバーとして大きくけん引してくれることでしょう。

 

そして、兒玉遥、朝長美桜、田島芽瑠、森保まどかなど中心メンバー達と共に、さらなる進化を見せてくれるのではないかと期待しています。

 

 

【選抜総選挙1位指原莉乃が一瞬映るユニクロのCM】

 

先程もお話したように、先日の選抜総選挙で1位奪還したHKT48の指原莉乃は、もはやバラエティ界では絶対必要なエース的存在とも言えるアイドルに進化したといえるでしょう。

 

自虐的要素を巧みに利用し、自身を世間に売り込んでいくだけでなく、HKT48総合的にプロデュースしていく能力も遺憾なく発揮されています。

 

今でこそHKT48旋風が巻き起こっていますが、彼女がHKT48に移籍し、他のメンバーたちの魅力を引き出していなければ、もしかしたらそれほど人気が出たかどうかも分かりません。

 

兼任の劇場支配人としての能力も発揮されているだけあって、あのAKB48総監督:高橋みなみも認めるカリスマなのです。

 

『高橋みなみ(AKB48総監督)』

 

高橋みなみ

 

そんな指原莉乃であるにもかかわらず、ユニクロのCMでは信じられない起用のされ方をしています。

 

正直私も目が点になり、『ただのそっくりさん?』と疑うほどの一瞬の出演だったのです。

 

しかも共演として起用された森保まどかに関しては、身長の違いからか頭が見切れているのですから、本当に信じられない話しです。

 

『実際のユニクロCM出演シーン1』

 

ユニクロCMのHKT48⑤

 

『ユニクロCM出演シーン2』

 

ユニクロCMのHKT48⑥

 

大体時間にしては足の部分のカットも含めて3秒ほどなので、顔に関しては一瞬映っている程度ですので、本当に注意してみていないと、彼女が映っているかどうかすらも見逃してしまいかねません。

 

実際に時間を計っていませんが、その他の無名の出演者の方が、『出演時間が長いのでは?』と思うほど、彼女たちの扱いは雑に感じます。

 

同じユニクロのCMでも吹石一恵さん出演のブラトップはガッツリ彼女がメインで映っています。

 

今までもユニクロのCMは数多く見てきましたが、これほど雑な扱いは初めてだと思いますよ。

 

【素人集団?とも言える共演者の方が扱いいいのに、HKT48は了承しているのか?】

 

ユニクロCMのHKT48⑦

全くの素人集団ということではないと思いますし、私自身がただ知らない役者であるという可能性も否定できませんが、それにしても全国的に知名度を高め、人気のあるHKT48の指原莉乃、森保まどかがあのような扱いを受けるとは…

 

正直、その理由を知るまでは全く信じられない話でした。

 

この理由に関しては後ほどお話しますが、HKT48は今回のCMでの彼女たちの扱いを了承していたのでしょうか?

 

あまりにもの衝撃的な事実で、本当に指原莉乃なのかどうか、じっくり観ていくと、更に驚くべき事実に遭遇。

 

このCM にブラザートムまでも出演していたのです。

 

『ブラザートム』

 

ユニクロCMのHKT48⑧

 

それも指原さんたちよりも扱いが悪く一瞬のみの出演。

 

本当にユニクロは一体何を叶えているのだろうか?

 

ますます不可解に思えてくるこのテレビCMですが、実はHKT48もある狙いから了承していたようです。

 

そして、彼女らが一瞬しか映らず、一般外国人達の方が扱いがいいように見えたのには明確な理由があったのです。

 

【この不可解な演出の背景・HKT48、ユニクロの狙い・戦略とは?】

 

ユニクロCMのHKT48⑨

ネット上でもHKT48指原莉乃・森保まどかの扱いが一般人以下だとか、サブリミナル効果程度という風に酷評されてしまっていますし、正直かなり敬意のない扱いという風にも見られます。

 

先日、フジテレビの番組に世界的なスーパースターのクリスティアーノロナウド選手がゲスト出演してもらったものの、雑な扱いをしてしまい海外からも呆れられた話がありましたが、それほどではないとしてもかなり軽視した印象が拭えませんよね。

 

『クリスティアーノロナウド』

 

ユニクロCMのHKT48⑩

 

しかし、ユニクロとしては、彼女らを特に軽視したわけでもありませんし、彼女ら自身、一般人に紛れ込んだ風に映ったのも狙い通りだったというのです。

 

つまり、ある狙いが合致していたため、今回のテレビCM出演となったわけです。

 

その狙いとは、海外を意識したアピールを目的としたものでした。

 

そもそも今回のテレビCMは日本国内だけでなく、アジア全般で放送されるために収録されたものでした。

 

ターゲットが広範囲であるわけですから、日本人のタレントを起用して映すだけでは、海外に向けて放送した際に、どうしても違和感を覚えてしまいます。

 

海外でよほど有名なタレントが起用されているというのであればまだ分りますが、全く知らない日本のアイドルが起用されていてもピンときませんよね。

 

そこでユニクロは、海外に向けて発信しても違和感が無いように、ウイ・アー・ザ・ワールドを世界中のアーティストで歌って世界中に広めたように、同じ手法で、少しずつ世界の人達が出演するような演出が施されているのです。

 

『ウイ・アー・ザ・ワールドを歌う海外アーティスト達』

 

ユニクロCMのHKT48⑪

 

また、HKT48も他のAKB48グループとは異なり、海外に視野を広げ活動しようとしているところがあるらしく、そのPRとして世界に一瞬でも映れば、まさにサブリミナル効果のように視聴者の印象に残ることを考えこのようなCM出演を了承しているのです。

 

まさに、ユニクロとHKT48の狙いが明確に合致しているからこそ実現された、一風変わったCM出演だったというわけ。

 

日本だけでの放送だったとしたら、全く考えられないような演出ですが、海外を意識した際に、全く知らない外国人にまぎれて途中で、脚だけのカット、全体のダンスしているカットが映しだされることで、よりインパクトは強く残ります。

 

ふとした瞬間に、脚だけの映像が映しだされると、人間心理として、『この脚のきれいな子たちは誰だろう?』と思ったりするものです。

 

おそらく、そういった理由から、HKT48で4番目に高身長であり、指原さんとのバランスを考えてぴったり来た森保まどかに話が周り共演という形で起用されたのだと思われます。

 

そして、美脚が映った後で種明かしとばかりに、二人の映像が映しだされたというわけ。

 

この演出により、HKT48がよりインパクトを残す結果となり、特に日本ではネット上で何かと話題になって注目される結果を出しているのです。

 

一見雑な扱いに見える演出のされ方ですが、実に巧妙に考えられた演出だったということが分り、改めてユニクロとHKT48の凄さを見せつけられたような気がします。

 

そういえば、海外での反応はまだ分かりませんが、日本国内での反応はかなりの好評らしく、自分も彼女らのように、ユニクロに言ってサマーパンツを購入しに行こうと考え始めた女性が急増しているとか…

 

まさにユニクロの狙い通りの効果が出始めていますね。

 

たかがアイドルでスルーしていたら、このCMのからくり・戦略も気づけなかったかもしれません。

 

人の心を釘付けにするには、このような戦略が、時に求められることが分かりましたし、このような演出法は、仕事をされている方なら、誰もが応用できることだと思いますので、ぜひ何かと参考にしてみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事