シャーロット・ケイト・フォックの人気がどん底に?!

「マッサン」で一躍人気者となったシャーロット・ケイト・フォックスさんですが、ここに来て人気がどん底にあると言います…

現在(2016年5月)放送中の「OUR HOUSE」の視聴率低迷がシャーロット・ケイト・フォックスさん人気の衰えを浮き彫りにしたようです。

参考リンク:芦田愛菜の主演ドラマ、視聴率4.8%で低迷!

今回はそんなシャーロット・ケイト・フォックスさんの人気低迷の原因を徹底解明してみました!

シャーロット・ケイト・フォックスの主演ドラマが低視聴率のワケとは…?

シャーロット・ケイト・フォックス主演ドラマ低視聴率のワケとは…?出典:「OUR HOUSE」第1話は、アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)と桜子(芦田愛菜)が料理対決を・・・

シャーロット・ケイト・フォックスさんの人気衰えが騒がれたのには、現在放送中の主演ドラマ「OUR HOUSE」の4.8%という低視聴率が原因でした。

ドラマ「OUR HOUSE」は子役で人気沸騰した芦田愛菜さんとシャーロット・ケイト・フォックスさんのW主演で、しかも脚本は大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」や「ひとつ屋根の下で」などを世に放ち続けてきた野島伸司氏のもので話題となっていたはずなのですが・・・。

なぜここまでどこから来ても戦えるような万全な体制で臨んだドラマ「OUR HOUSE」が低視聴率となってしまったのか…

その理由のひとつに同時間帯に放送されている松本潤さん主演のドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』の人気があると言われています。

ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』は視聴率15~20%と安定の人気を確保していて、「OUR HOUSE」の3~4倍の視聴率となっています。

しかし、この視聴率は真面目に受け取らない方がいいと考えます。

現代の人は、あまりドラマをリアルタイムで見なくなってきている傾向にあるようです。

好きなドラマほど、録画をしてゆっくり時間のある時に見る人も多いのではないでしょうか?

録画をしてドラマを見るメリットに、ゆっくり時間のある時に見られる、CMを飛ばせるので効率よく見られる、そして録画記録が残るので、1話からコレクションして揃えられるというメリットもあります。

そういったことを考えると、単純に「低視聴率=不人気ドラマ」という今までの常識であった公式は当てはまらなくなってきます。

そうなると、ドラマ「OUR HOUSE」の不人気は本当なのか?

すなわち、シャーロット・ケイト・フォックスさんは人気が本当に衰えてしまったのか?

という疑問が出てきます。

シャーロット・ケイト・フォックスさんの人気が衰えたという噂は…信憑性がなくなってきました!

シャーロット・ケイト・フォックス映画出演で再起をかける!?

シャーロット・ケイト・フォックス映画出演で再起をかける!?出典:綾瀬はるか主演「高台家の人々」で「マッサン」&「とと姉ちゃん」の2人が夫婦役

人気が衰えたとネット上で噂になっているシャーロット・ケイト・フォックスさんが映画「高台家の人々」に出演されています。

映画「高台家の人々」は綾瀬はるかさん主演で相手役が斎藤工さんという豪華な面々で話題となっています。

劇中で、シャーロット・ケイト・フォックスさんは20代から70代までを演じていて、さらに巧妙な話術で登場人物たちの運命を翻弄していく役柄なので、シャーロット・ケイト・フォックスさんにとっては、とても難しい役柄となっています。

しかし、実はシャーロット・ケイト・フォックスさんはアメリカ時代とても苦労人でした。

舞台などには出演していたものの、それだけでは食べて行けずに、ベビーシッターやウエイトレスをしながら生計を立てていたそうです。

現在はアメリカに旦那様がいて、シャーロット・ケイト・フォックスさんは出稼ぎに来ているらしいです。

「マッサン」の後、アメリカでの舞台のお仕事が入り、もう日本では活動することはないだろうと言われていましたが、シャーロット・ケイト・フォックスさんは日本での可能性を信じ、日本で女優をしていくことを固く決めたそうです。

そのため、シャーロット・ケイト・フォックスさんにとって、「再起」とも言える本作品には、気合が入っているようです。

ドラマと違い、映画は録画は出来ません。

劇場に行かなくてはシャーロット・ケイト・フォックスさんが見られないため、映画「高台家の人々」のヒットするか否かでシャーロット・ケイト・フォックスさんのリアルな人気が測れるかもしれませんね。

シャーロット・ケイト・フォックスの今後は…?人気を保つ秘訣とは!?

シャーロット・ケイト・フォックスの今後は…?人気を保つ秘訣とは!?出典:cinemaniera.com

シャーロット・ケイト・フォックスさんは、生粋の欧米人でドラマ「マッサン」に出演するまでは日本に来たことすらなく、ましてや日本語を話せるような状態ではありませんでした。

しかし、最近ではだいぶ日本にも慣れ、バラエティなどで日本語でトーク出来るまでに日本語が上達してきています。

有名人になったら一度は出ておきたい番組「徹子の部屋」にシャーロット・ケイト・フォックスさんは出演を果たしていて、さらにおもしろエピソードで現場を笑わせていました。

話は、シャーロット・ケイト・フォックスさんが小学校を中退に追いやられた理由に及びました。

「スカートをはいてたんですが、下着をつけてなかったんです」

「たぶん3回ぐらい注意を受けたと思います。ちゃんと下着をつけて学校には行くんです。でも下着がきつすぎると感じると脱いで、こっそり戸棚にしまってしまう…。それでジャングルジムで逆さまにぶら下がったりしていました」

引用:シャーロット、小学校退学の”おてんば”秘話語る「下着をはいてなかった」

そう笑いながら話すと、シャーロット・ケイト・フォックスさんはすかさず、

「今は、はいてますよ!」

引用:シャーロット、小学校退学の”おてんば”秘話語る「下着をはいてなかった」

と言って笑いを誘っていました。

シャーロット・ケイト・フォックスさんはその辺のつまらない芸人よりよっぽど笑いのセンスがありそうですね!

シャーロット・ケイト・フォックスさんの武勇伝を聞きたい視聴者も多いはずです。

なぜならば、私たち日本人と欧米人の文化の違いや感覚の違いを知りたいと思うのは当然で、さらに共通点を見つけられた時には日本人との共通点を見つけられた時よりも、より、シャーロット・ケイト・フォックスさんの存在を身近に感じることが出来るでしょう。

シャーロット・ケイト・フォックスさんはユーモアのあるところを活かして、今後は女優での成功のためにも積極的にバラエティに出演する方がいいのかもしれません。

シャーロット・ケイト・フォックスさんのバラエティ進出が人気を保つ秘訣となるかもしれませんね。

アメリカに旦那様を残して、シャーロット・ケイト・フォックスさんが日本で女優をしているということは、生半可な覚悟ではないはずです!欧米人が日本の芸能界で成功する先駆者となるべく、必ずシャーロット・ケイト・フォックスさんは成功しなければならないのです。シャーロット・ケイト・フォックスさんの女優としての成功を応援しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事