綾小路きみまろという芸人伝説!松本人志も一目置いてる?

中高年から絶大なる人気を誇っている綾小路きみまろさん。

「あれから40年」というせりふは有名で、中高年だけでなく若い子たちの間でも評判です。

笑いの実力は、お笑い界のトップである松本人志さんからも一目置かれているとか。

今でこそ1億円プレーヤーと言われる売れっ子漫談家の綾小路きみまろさんですが、今のように一世を風靡する前は、かなりの苦労人だったと言われています。

そんな綾小路きみまろさんの芸人伝説と、松本人志さんとの関係について調べました。

綾小路きみまろさんの芸人伝説とは!?

綾小路きみまろさんのこれまでの軌跡とは?出典:こんなテレビを見た。

まずは綾小路きみまろさんのプロフィールからご紹介します。

本名 假屋 美尋(かりや よしひろ)
ニックネーム まろ、まろ様、ウィリアム
生年月日 1950年12月9日(65歳)
出身地 鹿児島県曽於郡松山町(現・鹿児島県志布志市)
血液型 O型
身長 165 cm
漫談家以外の活動  5代目鈴々舎馬風門下生、落語協会会員、日本司会芸能協会理事
配偶者 既婚
引用:Wikipedia

綾小路きみまろさんが上京したのは1969年、父親からもらった1万円で夜行列車に乗ってやってきました。

足立区から新宿歌舞伎町とキャバレーを点々としてから、漫談家としてデビューしたのは1979年のことです。

キャバレーを回っているときは、お笑い界の大御所、ビートたけしさんも同じ舞台に出演していたといいます。

これからの彼の下積み時代が続きます。

森進一さんや小林幸子さんなどのコンサートの司会を務める傍らで、サービスエリアに止まっている観光バスに自分で作った漫談のテープを配って回るのです。

テープを配ったのは、主に山梨県や御殿場周辺のサービスエリアでした。

綾小路きみまろさんの長い下積み時代が終わりを迎えたのが、2002年のことです。

漫談をおさめたCD「爆笑スーパーライブ第1弾! 中高年に愛をこめて」が世間の注目を浴びて一躍有名人に。

これから先は、順風満帆の売れっ子漫談家として現在もなお活躍を続けています。

綾小路きみまろさんと松本人志さんとの関係は?

綾小路きみまろさんと松本人志さんとの関係は?出典:気になるニュース

松本人志さんといえば、こちらもお笑い界の大御所として君臨している伝説の芸人さんですが、松本人志さんは、会いたいけれど会いたくない人のひとりとして、綾小路きみまろさんの名前をあげました。

その理由は、自分のお笑いの形とは全く違うお笑いを作っているけれど、用意されたものを披露して笑いを取るタレントとしては最高峰だから、尊敬している分、怖さがあって会いたくないのだとか。

そんな松本人志さんと綾小路きみまろさんは2015年11月6日に放送された「ダウンタウンなうSP」の企画で、見事共演を果たしました。

番組の中では、お酒の酔いにまかせて本音でおしゃべりをする綾小路きみまろさんと松本人志さん。

松本人志さんは綾小路きみまろさんの芸のレベルが高いとほめ、綾小路きみまろさんは一度会いたかったのでうれしいと番組の中で語っています。

どうやら二人の関係は悪いわけでなく、お互いの才能を認めているだけに近寄りがたかっただけのようですね。

綾小路きみまろさんの芸人伝説に衰えなし?!

綾小路きみまろさんに衰えなし?!
出典:てづかこうじの世直し劇場

「あれから40年」というセリフに始まり、おばちゃんたちを相手に毒舌を繰り広げながらも、なんだか憎めず言われたおばちゃんたちも大笑いしてしまう綾小路きみまろさん。

これから始まる超高齢化社会の「ビッグアイドル」として、さらにはお笑い界の大御所たちも認めるその実力で、これからも人気が落ちることなく中高年のアイドルとして君臨し続けることでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事